田舎暮らし信州:ちの(長野県)

美しく豊かな自然に抱かれた「信州ちの」
四季おりおりの自然を感じながらの
田舎暮らしを体験してみませんか。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

茅野市北山 茅野茶話たてしな日和 オープン


本日、茅野市北山のビーナスラインに「たてしな日和」さんがオープン。
天気は「たてしな日和」のひとつ「なごり雪」。


少し早めで伺ったところ、光栄にもお客様第1号となりました。
「サラダ+ドライカレー」をオーダー。
 

地場産野菜にこだわり、鮮度抜群のサラダ。
露地物の野菜が手に入れば、どんどん美味しくなる事でしょう。


地元産ブランド米「米澤米(よねざわまい)」を使ったドライカレードリア。
粘りあるライスとスパイスの効いたドライカレーが口の中でよく絡み合います。
それをホワイトソースが優しく包みこんでます。




英国式庭園「バラクラ イングリッシュガーデン」さんが賑わう6月など、
茅野茶話には多くのお客様の輪が広がるでしょう。


茅野茶話たてしな日和
〒391-0301 茅野市北山4035-65
☎0266-55-3365
営業時間11時〜17時(16時半ラストオーダー)月・火定休(祝日は営業)
ホームページ
↓↓↓↓
http://tateshinabiyori.com

 
- | comments(0) | trackbacks(0)

茅野市のJR駅前ベルビアでJリーグ1部松本山雅、テレビ観戦

3月7日、Jリーグ1部が開幕、松本山雅を応援する会員が大テレビ画面で観戦。揃いのユニホームで盛り上がった。松本山雅は、前半32分に先制したもののすぐに同点になり、3対3のドローで終わった。場面場面で大きな歓声やため息が出たものの、みんなで応援する楽しさを実感したひと時でした。

http://www.rakuc.net/    田舎暮らし「楽園信州ちの」   by staff ドングリ







- | comments(0) | trackbacks(0)

春が待ち遠しい 2月の八ヶ岳 

3月に入り、ようやく春めいてきました。里では、球根の芽が出てきました。しぶとく残っていた根雪も解けて三寒四温の中、春を着実に感じるようになりました。山間部では、鹿が、寒さや雪の中、我が物顔で住み着いていて、若木の皮を食べています。でも雪解けの水が道路をチョロチョロと流れ、いよいよ目覚めの時を迎えようとしています。もう少しでおいしい草が食べれるようになることでしょう。鹿も人もみんなが春を待ちわびています。


http://www.rakuc.net/     田舎暮らし「楽園信州ちの」 by  staff  ドングリ
- | comments(0) | trackbacks(0)

茅野市豊平のデザートムーン マクロビ中華ランチ

久しぶりに、デザートムーンさんにランチに行きました。2月は、「ちょっぴりチャイニーズなごはん」なんと、中華風のランチが出てきました。カラッと揚がった春巻き、とろとろの「じゃがとろ」、バンバンジーやコーンスープ、甘酢の酢豚風ベジミートです。デザートは杏仁豆腐ですが、コクがありながらもさっぱりしていておいしくいただきました。店内は、ほぼ満席、女性ばかりでした。一人でも気軽に入れるお店、常連さんがいる様子でした。




http://rakuc.net/   田舎暮らし「楽園信州ちの」 by staff  ドングリ
 
- | comments(0) | trackbacks(0)

茅野市への転入者、転出者数を上回る

茅野市の人口移動調査に基づき、2014年の人口推計を発表しました。死亡者から出生者を引いた自然減が過去最大であったため人口は74名の減少でしたが長野県19市の中では最も低かったです。各期的なのは、7年ぶりに転入者が転出者を上回ったこと!2014年の転入者数は2080人(前年比117人増)転出者数1977人(前年比232人減)差し引き103人の転入者増となったのです。茅野市では、市と民間で移住事業に取り組んでいます。2015年も都市部でのセミナーや現地見学ツアー、空き家紹介、短期滞在体験住宅など積極的に展開していきます。好評なのが「楽ちの倶楽部」という地元、移住者、その他だれでも参加できるサークル活動です。田舎暮らしに必要な薪ストーブやチェーンソーの講習会、また親睦会を通して情報交換の場となっています。知らない人同士が移住というテーマですぐに親しくなる気軽な会です。一度、茅野市にお越し下さい。指
http://www.rakuc.net/      田舎暮らし「楽園信州ちの」  by staff  ドングリ
 
- | comments(0) | trackbacks(0)

八ヶ岳の冬を体感しよう 現地見学ツアー

2月7日(土)現地見学ツアー「八ヶ岳の冬を体感する」ツアーが開催されました。当日は、気温は低いものの晴天に恵まれ雪景色の八ヶ岳を背景に7件の中古住宅、土地を見学することができました。途中、建築中の建物の説明もあり寒冷地に必要な情報を提供しました。写真は、見学会が終わって、市役所のホールでの説明会です。市の担当職員、商工会議所、宅建協会、田舎暮らし事務局がそれぞれに資料に沿って説明、参加者の皆様、熱心に耳を傾けてくださいました。


ツアー終了、夕方6:30より、楽ちの倶楽部新年会を行いました。会場満杯の参加者が、それぞれの思いや移住に至る経緯など、自然に情報交換の場となり、楽しく過ごすことができました。

http://www.rakuc.net/    by staff  ドングリ
 
- | comments(0) | trackbacks(0)

八ヶ岳が見えるカフェ

茅野市豊平のカフェ「デザートムーン」さんをご紹介します。諏訪東京理科大学を東方向に進んでいただくと正面に八ヶ岳が見えてきます。その道の角にあるのがカフェ「デザートムーン」です。木の香りのする店内は、女性客がゆったりとお茶を楽しんでいました。思い思いに過ごす自分だけのティータイムを楽しめる、そんなお店です。一番のお気に入りはランチメニューが野菜中心のマクロビ菜食ごはんということです。一度 立ち寄ってみてはいかがでしょうか。お天気のいい日がお勧めです。                                                                                          

   ランチ11:30〜2:30  営業17:30まで 定休日:毎週水曜・第3木曜
http://www.rakuc.net/     by staff  ドングリ

カフェ デザートムーン



- | comments(0) | trackbacks(0)

茅野市は縄文の里、駒形遺跡調査

昨年暮れ、12月というのに寒さ厳しく、雪に覆われてしましました。(例年だと本格的な雪は、年明けまで降らないのですが・・)
ご存知のように八ヶ岳周辺、茅野市は縄文時代の集落跡が多く残り、国宝の土偶も2体発見されています。今回は、茅野市、米沢にある駒形遺跡で現地調査説明会がありました。駒形遺跡は、6500年前〜3500年前の時代、特に5000年〜4000年前を中心に、少しずつ場所を変えながら広範囲で集落が営まれ、長く人が生活していたようです。まだ、部分的な調査ですが101件の住居跡や黒曜石が発見されています。特に黒曜石は、その原石や製作工程を示すような剥辺を含め、55925点見つかっています。「縄文中期を中心に 大規模な拠点集落で黒曜石の集積、製作、搬出にかかわっていた集落跡と推定される」として平成10年に国史跡に指定されています。
八ヶ岳を望むこの場所に立って、古代人への想像を膨らませてはいかがでしょうか。
                                       http://www.rakuc.net/      by staff ドングリ






- | comments(0) | trackbacks(0)

『八ヶ岳の冬を体感しよう!冬の物件見学ツアー』受付終了いたしました

2/7(土)茅野市にて開催予定の『八ヶ岳の冬を体感しよう!冬の物件見学ツアー』は定員に達したため、
募集を締め切らせて頂きます。
多数のご応募をいただき、ありがとうございました。
本日からの受付はキャンセル待ちのみとなりますので、ご了承くださいませ。

昨年はツアー開催日に大雪に見舞われるというアクシデントがありましたが、今年も雪が多い茅野市。
ツアー当日はお天気に恵まれると良いのですが…
晴れた日は空気が澄んで青い空と山頂を雪に覆われた八ヶ岳がとてもきれいにみえます。

ちなみに2/7(土)は18:30より『楽ちの倶楽部新年会』も開催されます。
こちらは移住希望者だけではなく、すでに移住されている方=先輩移住者さんも交えての懇親会となります。
ツアーは締め切りましたが、こちらはまだ若干お席に余裕がございます。
ご応募お待ちしております。
http://www.rakuc.net/campaign03.html
 
田舎暮らし 楽園信州ちの  花   http://www.rakuc.net/
楽園信州ちのイベント | comments(0) | trackbacks(0)

事務局交代のお知らせ

平成26年12月1日より事務局員が交代致します。
 
私が楽園信州ちのにかかわった5年の間に、
田舎暮らし・地方暮らしの価値観がとても変わってきたと感じています。

当初は、団塊の世代の富裕層の方々の
「思い出の地・憧れの地で晩年をゆっくりと過ごしたい。
頑張ってきた自分へのご褒美」
の田舎暮らしでした。

次第に幅広い年齢層のお客様がが増えてきました。
安心・安全を求める人
都会の雑踏で生活している自分を振り返る人
自分自身を見つめなおして一歩踏み出すことが田舎暮らしなのかもしれません。

茅野市を新しいステージに と考える方たちとお話しする機会を頂き
私自身が茅野市のことを好きになりました。
「山に囲まれた閉鎖的な田舎」
と思っていたのが
「山に守られ、四季おりおりの自然がはっきりと感じられる場所」
と思えるようになりました。
自然も産業も兼ねそろえた
5000年前から安心して住める長寿の街 
茅野市です。

移住者が増えることで、茅野市にも新しい血が流れてどんどんと活性化する
こんな素敵な仕事に関われたことにとても感謝しております。
移住者の方にも可愛がって頂き本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。
これからも同じ茅野市民としてまたよろしくお願い致します。

これからは乳井雅奈子が担当致します。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

古井典子
 
田舎暮らし 楽園信州ちの  花   http://www.rakuc.net/
- | comments(0) | trackbacks(0)