田舎暮らし信州:ちの(長野県)

美しく豊かな自然に抱かれた「信州ちの」
四季おりおりの自然を感じながらの
田舎暮らしを体験してみませんか。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『八ヶ岳の冬を体感しよう!冬の物件見学ツアー』受付終了いたしました | main | 八ヶ岳が見えるカフェ >>

茅野市は縄文の里、駒形遺跡調査

昨年暮れ、12月というのに寒さ厳しく、雪に覆われてしましました。(例年だと本格的な雪は、年明けまで降らないのですが・・)
ご存知のように八ヶ岳周辺、茅野市は縄文時代の集落跡が多く残り、国宝の土偶も2体発見されています。今回は、茅野市、米沢にある駒形遺跡で現地調査説明会がありました。駒形遺跡は、6500年前〜3500年前の時代、特に5000年〜4000年前を中心に、少しずつ場所を変えながら広範囲で集落が営まれ、長く人が生活していたようです。まだ、部分的な調査ですが101件の住居跡や黒曜石が発見されています。特に黒曜石は、その原石や製作工程を示すような剥辺を含め、55925点見つかっています。「縄文中期を中心に 大規模な拠点集落で黒曜石の集積、製作、搬出にかかわっていた集落跡と推定される」として平成10年に国史跡に指定されています。
八ヶ岳を望むこの場所に立って、古代人への想像を膨らませてはいかがでしょうか。
                                       http://www.rakuc.net/      by staff ドングリ






- | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rakuc.jugem.jp/trackback/636
この記事に対するトラックバック